転職速報〜求人情報ピックアップ

【転職】求人募集速報のトップへ

【用語集】

分からない単語・知りたい言葉があれば、メールにてお問い合わせ下さい。
このページに掲載していきます。

最終更新日
2015年2月10日  

用語説明集

UIターン転職 UIターン転職とは、転職によって故郷や、現在住んでいる場所と違った地域に転居することを意味します。「U」は故郷へ戻るマーク、「I」は片道切符で一点に進むマークにも見られることから、今ではこのUIターン転職という言葉が定着。元々はリクルートが発信した言葉で、UIターン転職専門の転職情報誌もあります。地元の企業で働きたい人や、山や海や緑の自然に囲まれて働きたい転職希望者に人気です。
エージェント 「代理人」という意味。転職用語で主に人材紹介会社(人材バンク)の担当者のことを指します。販売代理店などのことをエージェントということもあります。 人材紹介会社の担当者は、転職を希望する本人の意向に従い、転職先の企業と入社条件などの交渉を代理します。転職市場の状況に詳しいエージェントは、企業と年収などを交渉する力があります。通常、企業側の方が転職希望者より交渉力が優位であるため、年収の交渉などエージェントを使うメリットが多い言われます。
人材紹介会社 厚生労働大臣の認可を受けた民間の職業紹介会社。転職希望者に対して、その人のスキルや適正などに合っている求人企業を紹介します。 人材紹介会社の利用や相談、求人企業の紹介は全て無料。お金を請求することは法律でも禁じられています。人材紹介会社への報酬は求人企業が負担しています。
三六協定 三六協定(サブロクキョウテイ)とは、時間外・休日労働についての協定書のことで、労働基準法第36条で定められている労使協定。 会社が労働基準法で定められた労働時間や休日を超えて就業させるときには必ずこの三六協定を労使間で結ばなければならないとされています。会社ごとではなく、事業所ごとに締結する必要があります。 フレックスタイム制や変形労働時間制を採用する際にもこの三六協定の締結は必要とされています。
裁量労働制 裁量労働制とは、みなし労働時間制とも呼ばれ、労働時間の決定が労働者本人の裁量に任されている労働形態のことです。 1987年の労働基準法改正によって一部の職種に導入され、2000年からホワイトカラーの一部の仕事に適用が拡大されました。 研究職などの仕事は、本人以外の人間がその内容を詳しく理解できないなどの理由で、管理者による管理になじまない傾向があります。そういった職種の場合、労働時間の調整などは本人の意思に委ねた方が合理的であることが多くなります。 裁量労働制には、取材・編集や研究開発などの専門業務型裁量労働制と、経営・企画業務などの企画型裁量労働制があります。
年俸制 社員の能力や実績に基いて、毎年の契約交渉によって翌年の年間給与額を決める制度。 欧米では一般的ですが、日本でも近年能力主義・成果主義の導入などにより、導入する企業が増えています。 しかし、その対象は管理職や専門職が中心で、内容も賃金と賞与の二本建ての日本型年俸制となっています。一方、ベンチャー企業では、欧米的な年俸制を取っているケースが多いです。 なお、年俸制導入には、就業規則の変更が必要であり、年俸制でも毎月1回は賃金支払いの義務があるため、年俸を12で割った金額などを毎月支払ったりしています。
内定 内定とは、正式の決定の前に役職の就任や人材の採用が決まることを指します。労働法的に内定とは、求人への採用希望者の応募によって雇用契約の申し込みが成立し、会社が内定通知を出したときにそれが承諾されたとします。さらに応募者が内定承諾書を出した時点で、雇用契約が成立されたとします。よって内定取り消しは解雇に相当します。
ワークシェアリング 仕事の分かち合い。雇用の減少に伴って仕事が少なくなったとき、1人の仕事を2人で分割して仕事をします。 たとえば労働時間を短縮することによって、全体の仕事量を変化させずに雇用の維持をすることなどを考える方法です。最近の不況時の雇用維持の1つの方法としても有効といわれています。
フレックスタイム制 自由な時間に出退社し、所定の時間数を勤務する制度のこと。コアタイムが設けられている場合もあります。1987 年の労働基準法改正で法制化されたもの。「自由勤務時間制」「変動労働時間制」ともいいます。 変形労働時間制 フレックスタイム制と同義語。勤務時間に関する制度のこと。
第二新卒 おもに、新卒で企業に就職し、1〜2年程度で退職した人のことをいいます。バブル経済下の労働力不足や、雇用の流動化の中で台頭してきた考え方で、今では一般的呼称となっています。
SOHO SOHOとは Small Office Home Officeの短縮語です。 小さな規模の会社や自宅を職場とする個人事業家等を指します。
成果報酬 成果報酬とは 時間単位に給料が決まっているのではなく、 仕事の結果の量・価値に対して給料が決まるシステムです。 仕事ができる人は、成果報酬を望みますが、そうでない人には、厳しいシステムです。

このページの一番上へ

転職速報〜求人情報ピックアップのトップページへ

 

 

 

Copyright(C) 2007-2015 転職速報〜求人情報ピックアップ All right reserved.

時給・時間・勤務地等の各種条件から、転職求人募集情報をお届け致します。